2019年08月14日

現金出納帳の残高を計算する方法

現金出納帳を作成して残高の自動計算を行ないたい場合は、

032suitocho.gif


032suitocho2.gif

開始残高に、その行までの入金額の合計を加算し、その行までの出金額の合計を減算します。
例えば、H8セルは、
=IF(OR(F8<>"",G8<>""),$H$4+SUM($F$5:F8)-SUM($G$5:G8),"")
となります。

その行の入金額(F8セル)か出金額(G8セル)に入力がある時、
開始残高(H4セル)
+ 開始残高の次行からその行までの入金額の合計(F5:F8)
− 開始残高の次行からその行までの出金額の合計(G5:G8)


[関数]
IF関数とOR関数・・・もし、○○または△△なら〜
SUM関数・・・セル範囲の合計値を求める



●完成作成した現金出納帳を下記ダウンロードボタンから無料ダウンロード出来ます。
(水色セルは自動計算)
032suitocho_dl.gif

download.gif











posted by excelman at 09:02| 関数の技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。